7月 23

脱毛用のローションに関するメカニズム

脱毛で使うローションは、従来の方法とは違い、痛みが少なく肌に優しい特徴があります。脱毛剤をタイプ別に分ければ、物理的に除去する方法に加えて、化学的に毛を取り除く仕組みが存在します。

大切なポイントは、目的に合わせた選び方で、肌に影響の少ない方法を選択する事がおすすめです。物理的にムダ毛を取り除く方法は、粘着力を活かした仕組みなので、肌に対する摩擦力が強く、剥がす時は特に痛みが生じる事もあります。

ただ、分類的にはクリームなので、肌に優しいタイプの範疇には入らないと考えられます。肌に与えるダメージが最小で、気持ち良くムダ毛が抜ける仕組みとしては、毛根と毛穴の繋がりを弱める事によって、痛みを感じず脱毛が行えるローションになります。

体に生える毛が剛毛で、強引に除去する必要があると考えている人は、強力な除毛クリームを選びがちでした。しかし、粘着タイプは効果が強過ぎる事もあるので、健康な肌の細胞も傷付けてしまう事が問題だったといえます。

一方、新しく登場しているタイプは、塗るだけで毛穴の中に浸透を行い、時間をかけて毛の固定力を弱める点が特徴です。毛穴が深い場所にあっても、時間をかけて浸透したり、毛穴に対する毛根の結び付きを弱めるので、肌が弱い人も安心が得られます。

これらの製品は、植物を原料にしている物が多いので、化学臭による不快感であったり、痛みを覚える刺激がない事がメリットになります。