6月 5

自分の体重を知りキープする

痩せたい人は多いと思いますが、自分に合った体重をキープしておかないと健康に悪影響を及ぼしたりすることがあります。例えば思春期や20代に過度なダイエットをした場合不妊症になったりするケースも少なくないのです。

しかし逆に太りすぎもよくありません。健康的な体重を知り痩せすぎず、太りすぎずその体重をキープするのがとても大切なのです。食べ過ぎず適度な運動を続けてダイエットも意識していないときの体重はあまり変動しないと思います。

私は身長165センチですが、自分のベスト体重は53キロだと思います。普通に運動して普通に食事をしているとこの体重がキープできます。また、たまに飲み過ぎたり食べ過ぎたりすることがあるのですが、その時は「お腹が空いた」と感じるまで何も食べないようにしています。

だいたい12時間くらい食べないとお腹が空いてくるのですが、12時間というのは胃腸の中にある食べ物が完全に消化されるまでにかかる時間だそうです。食べ過ぎたら12時間は食べないようにして胃腸を休めるようにしています。

どれだけ食べ過ぎても12時間を守るだけですぐにベスト体重に戻ります。なかなか運動などができなくてベスト体重に戻せない時は12時間プチ断食をしています。お腹が空いたらスパークリングウォーターなどを飲んでお腹を膨らませると結構我慢できます。


6月 2

家庭用脱毛器の特徴

ムダ毛のお手入れ方法として代表的なものの一つに、家庭用脱毛器を使用したお手入れというものが挙げられるでしょう。

家庭用脱毛器を使うメリットとしては、カミソリなどを使った自己処理に比べて仕上がりがキレイでお手入れの回数も減らせること、脱毛サロンでの施術を受けるよりもコストが安く済むことなどがあります。面倒なムダ毛のお手入れを何とかしたいけれどもできるだけ費用は抑えたいという人のニーズを満たしているでしょう。

一方、デメリットとしては脱毛サロンでの施術や医療レーザー脱毛に比べると出力が弱いということが挙げられます。あくまで自己処理なので、医療機関のような強い出力の施術をすることはできないということを念頭に置く必要があるでしょう。

それでも、最近の家庭用脱毛器は非常に進化してきており、お肌への負担を軽くしながらも高い脱毛効果を期待することができます。また、自分の好きな時間にいつでもどこでもお手入れをすることができるというのも大きなメリットでしょう。

忙しくて施術機関に通う時間がないという人でも大丈夫です。また、デリケートゾーンのお手入れなどを人にやってもらうのは恥ずかしいという人でも、家庭用脱毛器を使えば安心でしょう。